助けてもらえないという事は本当はいいこと?!

スポンサーリンク
心理と運命学

助けてもらえないのは自分がダメだからなの??

『なんで私は助けてもらえないの?!』

こんな風に思う事ありませんか?

子供らしく過ごせなかった人たちは、すごく頑張り屋さん。そして秘めた能力も高い人が多い。だから頼らずにできる事も多いのですが、そんな長所ゆえに甘え下手でもあります。

そして、、あの人は何かと手を差し伸べてもらえている、助けてもらえている、、、

そんな風に人と比べては、なんであの子は!なんで私は!と心の中で怒りのエネルギーを活性化させてしまうことに💦

そうすると・・

助けてもらえない=大切にされていない=愛されていない

と感情は暴走して、こんな方程式を組み立て、あたかもこれが答えのように思ってしまう。。。

 

そして、厄介なのはこの思考にハマると、とてつもない暗いトンネルに入り込んでしまう可能性も💦・・

 

うさ:『じゃ・・どうすればいいの??』

 

uni :『泣かないで~!その解釈ちょっと待った~!!』

 

運命で決まってる場合は助けてもらえない環境でこそ開運できる

じつは、この助けてもらえない現象は運命で決められてるという場合もあるのです!

命式の星というのはもって生まれた要素(幸せになるためのアイテム)なのですが、この要素が

自我に偏った星を持っていて、自分を生み出す役割の星(支える星)を持っていない場合

助けてもらわずとも自分でなんとかできるエネルギーを持ってるんです。

だから、甘え上手な人を真似てみたり、助けてもらえる可愛い人になろうと努力をしても、実は逆効果!! できる人オーラをバンバン出してるので、おいおい・・お前できるだろ・・となるわけです。

なので、冷たくあしらわれたり、タイミングが悪かったりと助けてもらえないのです。

 

 

なんとなんとΣ(・□・;)

これを知った時は悲鳴を上げました!!

まさしく、、私の命式にも ”手助け不要!!” と記されていたのですから!

どうりで・・!!!

 

 

そして、ここからが大事なポイントなのですが、

星で決まっている、という事は、それが得意な事。できる事。伸ばしたほうがいいところなので、

頼らないほうがうまくいくのです! 助けてくれないのではなく、いらないから助けに来ないのです。

甘えて頼る努力をしよう!とか、索を練ってコントロール術を身に着けよう!とかしないほうが、結果的に沢山の幸せにつながる助けを引き寄せていけるようになっているのです。

やるべき努力はそこじゃないのです!!

人は自分以外の何者かになろうとすると、とても苦しくなります。。

助けてもらえないとへこむときは、自分は助けてもらわないほうが開運するのではないか?と

まずは疑って思考の視点をずらしてみてください(^^)

そういう人は大抵そんな頼もしい星を持っています☆

 

まとめ・・

このように『なぜ私は?』を知ると、新しい視点を持て、解釈に変化が起こり、間違った方程式を手放すことができるのです。

助けてもらえないことも才能の一つ。個性の一つ。なのです(^^)

大切にされていないわけでも、愛されていないわけでもなく、それは才能ゆえなのです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました